メルマガ登録誘導のfb広告+ステップメール-191102

最近、デサインやデッサン関係のコンテンツをfbでアクセスしていたら、以下の広告が出てきた。

多分、過去の情報から見込み客としてターゲットになったのだろう。

とりあえず、この手法を学ぶために登録してみた。

メルマガ登録誘導fb広告

ペルソナ-191102

ペルソナ-191102

「ペルソナ」という単語は、ジョン・キムさんの本で初めて知った。
「媚びない人生」ジョン・キム 著
p30
ある段階から親を意識したり、社会性を身につけるための教育を受ける中で、自分のポジションを考えるようになる。
周りに評価された形容されたるする中で、社会的に生きていきやすい自分を作り上げていくのだ。私はそれを、ペルソナと呼んでいる。


「究極のペルソナは自分だ」佐渡島庸平さん
を読んでいたら、「ペルソナ」という単語がでてきた。
https://bit.ly/2C0G0qD
↓引用
気になったフレーズ:
誰に何を伝えたいかって考えるとき、よく「30歳男性で、起業に興味があって」といったようにペルソナを考えるじゃないですか。
これ自体はすごく大事なことです。でも、ペルソナってやっぱり「知らない人」に過ぎなくて。自分の知らない人に深く何かを伝えるって難しいんですよね。
だから、実在するたった一人を思い浮かべたほうがいい。そして企画がうまくいくときって、そのたった一人が「自分」であることが多いです。
「自分」は一人しか存在しないけど、いろんな時間軸で見れば何人もの自分、ペルソナがいる。あの頃の自分なら、何という言葉をかけてほしいか。企画って、そうやって自分に長いラブレターを書くようなものなのかもしれません。
ペルソナとは、企業や商品の典型的なターゲットとなる顧客像のことです。ペルソナで定められる顧客像には、氏名や年齢、居住地、職業、年齢、価値観やライフスタイル、身体的特徴までのかなり細かい情報が盛り込まれます。


「本当の自分」と向き合う。そして、自分が自分にラブレターを書く。

ゲゲゲの女房を観ていて、「テレビくん」を産み出す時のエピソードが面白かった。熱中、熱狂、集中。これだな!と思った。
偽りのペルソナを脱ぎ捨てて、「本当の自分」と向き合う。
島田紳助さんの「自己プロデュース力」で言われていた、自分のX+Yを見つける。
このX=自分に何ができるのか? が「本当の自分」と向き合うことによって見えてくる。

 

「ペルソナ」をググってみた。

https://ferret-plus.com/words/2080
元々は古典劇における「仮面」や心理学で人間の「外的な側面」を表す言葉でしたが、それが転じてマーケティングにおいては上記のような意味に用いられるようになりました。「ペルソナ」という言葉が現在の意味で用いられたのは、最初はコンピュータのソフトウェア開発において、そのソフトウェアを利用するユーザー像を明確にする、ということろから始まっています。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ペルソナ_(心理学)
ペルソナ(英: persona)とは、カール・グスタフユングの概念。ペルソナという言葉は、元来、古典劇において役者が用いた仮面のことであるが、ユングは人間の外的側面をペルソナと呼んだ。
概要[編集]
ペルソナとは、自己の外的側面。例えば、周囲に適応するあまり硬い仮面を被ってしまう場合、あるいは逆に仮面を被らないことにより自身や周囲を苦しめる場合などがあるが、これがペルソナである。逆に内界に対する側面は男性的側面をアニマ、女性的側面をアニムスと名付けた。

男性の場合にはペルソナは男らしさで表現される。しかし内的心象はこれとは対照的に女性的である場合があり、これがアニマである。逆に女性の場合ペルソナは女性的な側面で表現される。しかし、その場合逆に内的心象は男性である場合があり、これがアニムスである。ペルソナは夢の中では人格化されず、一般に衣装などの自分の外的側面で表されることが多い。

f:id:lingmu0788:20191102113029j:plain

媚びない人生

 

自分の好きなこと-191101

自分の好きなこと-191101


何が本当に好きなの? と自分に問いかけてみる。でもすぐに答えられない。
長く生きているあいだに、いっぱいいっぱいホコリやゴミが堆積していって、底にある「好き」が見えなくなっている。
一時期、モーニングページを毎日つづけていた。そのなかで、思いついたことを脳をできるだけ介さずに文字に書いていく練習をした。最初は書くのに時間が掛かって、内容もおなじような事の繰り返しが多かった。しかし、とにかく毎日つづけていくと、次第に要領を得てきて、どんどん書くスピードが速くなった。しまいには、書くのがわいてくるフレーズに追いつかなくなっていった。

モーニングページはこの本で紹介されているメソッド→
「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」 単行本(ソフトカバー) – 2001/4/16
ジュリア キャメロン (著), Julia Cameron
https://amzn.to/324YTTN


モーニングページを書いて出てきた、自分の「好き」のなかの一つは絵を書くこと。

小学生の頃は好きなマンガのキャラクターをお絵かき帳に模写していた。タイガーマスクなどは描く順番も決まってきてパターン化して図形みたいに短時間ですらすら描いていた。

自分は絵を描くことが好きと分かって、次にもっと自分が思ったような絵を描けるようになりたいと思った。そして、絵の基本であるデッサンを本格的に習おうと考えた。でもそう思ってから2−3年がまたたく間に過ぎていった。

ついに約三年前にデッサン教室に通い始めた。今、三年前の自分のデッサンを見るとへただな〜と直ぐに分かる。では、今のデッサに満足しているかと言うと全然そんなことはない。不満だらけである。

確かに三年前の自分のデッサンと今のデッサンを比べれば、今の方が上手いといえる。しかし、そういった技術的なデッサン力よりも自分が進化したと実感することが別にある。

それは、世界のとらえかた、見方が以前より丁寧で深くなったことだ。なんの変哲もない日常の風景、例えば通勤する道の毎日目にするほとんど同じ様な風景の見え方が違ってきたのだ。
なにげない風景をみても、そこに興味がわいてくるのだ。面白さをみつけられるのだ。
これは、別の言葉でいえば以前より感性が豊かになったと感じるのだ。

”ゆたか” とは別にお金が沢山あるといだけではない。

これからの人生 ゆたかさ、楽しさ、面白さ、しあわせさ を追求していこうと思う。時間は限られている。
この目指すべく方向にまっしぐらに時間を使っていこうと思う。

f:id:lingmu0788:20191101141213j:plain

スケッチ:柿

 

「やりたいことドリブン」-101022

ブログ :「やりたいことドリブン」-101022

 

ドリブンとはなにか?

以下、ネットで検索した用語の説明
driven(ドリブン)はdrive(ドライブ)の過去分詞であり、形容詞では「突き動かされた」の意味で使われます。

程度や度合いの差はあれ、心の中からわきあがってくる気持ちを指しています。「やる気がある」と考えてもいいと思います。

特に様々な名詞と組み合わさってtech-driven(テックドリブン)やdata driven(データドリブン)といった表現がよく見られます。
https://talking-english.net/driven/

 


プログラミングでイベントドリブンという用語がある。最初に自分が「ドリブン」という言葉に触れたのはこのプログラミング分野である。

以下、ネットで検索した用語の説明。
イベントドリブン 【 event-driven 】 イベント駆動型
イベントドリブンとは、コンピュータプログラムの開発および実行方式の一つで、利用者や外部の別のプログラムなどが引き起こす出来事に対応する形で処理を記述あるいは実行する方式。
http://e-words.jp/w/イベントドリブン.html

自分の経験では、古くはQickBasicそしてVisualBasicでプログラミングした。
昔のプログラミング(例えばN88BASIC)では、コードの上から下に流れていくフローを順番に実行していく方式であった。それが徐々にユーザーが任意のタイミングであるイベントを発生させるとそれに従った動作を発生させるイベント・ドリブン型のプログラミングに進化していった。

何が自分を突き動かしているのか?

過去の会社での仕事のケースで振り返ってみた。
入社して最初に配属された部署は検査だった。製品の最終検査をして顧客ごとに選別して出荷部署に入庫するのが主な業務だった。検査は現在の様に自動化されていなかったので、ほぼすべてがマニュアル操作による検査作業だった。
実際には朝から晩までひたすら検査装置に製品をセットしてマニュアルで検査する繰り返しだった。慣れてくると単純作業の繰り返しで、とても退屈な作業になる。
一時は転職しおうかとも考えた。しかし、先輩に相談してもう少し頑張ってみようと考え直した。
いまの仕事のなかで、「もっと面白くできることはないか?」と考えて、いかに効率的に測定するかとか測定器の自動化にとりくむことにした。これはだれに指示されたわけでもない自発的な取り組みだった。
その時々で取り組む内容は変わっていったが約40年それをつづけてきた。

ふりかえってみると、みずから問題を発見し、みずからが仕事を作るというスタイルを作ってきた。

私の「ドリブン」は、みずからが面白いと思うことを、みずからが仕事にしていくという事。

次のフェースの「ドリブン」をもとに行動を始める時期にきているのを感じている。

 

f:id:lingmu0788:20191022102935j:plain

VB


 

椎原 崇さんのとても響いたメルマガ

以下のメルマガ記事、今の自分にちょー響いた。

ありがとうございます。

「中卒的「好きな事」で食ってく方法♪」
NEW!2019-10-17 08:34:57


テーマ:ビジネスのコツ
歌を歌って食えるのか?
絵を描いて食えるのか?
小説を書いて食えるのか?
ダンスをして食えるのか?
今から、この歳でスタートして生活していけるんだろうか?
好きなことを中心に生きていきたいけど
このような悩みを持っている人って多いと思います。
まず、これからはますます「個人の時代」に突入して一時的に分離していくので、
結果を出すのも(責任も)ますます個人次第の社会になっていくと思います。
なので、
歌で食っていく。
絵を描いて食っていく。
そんなことが出来たらいいな?って思って、
歌の練習を初めて、絵を描く勉強を始めるのも大事だとは思うけど、
歌が上手ければ食っていけるわけでもなくて
絵が上手ければ食っていけるわけでもなくて
正直、どれだけ練習しても自分より上手い人なんて死ぬほどいるということを知っておく必要があります。
そして、多くの人って、いくら歌が上手かったとしても、
知らん人の歌を聴きにいこうとはなかなか思わないんだよね。
だから、ぶっちゃけ「サービス」よりも「自分の魅力」とか「自分らしさ」を出していくことの方が大事だったりするのです。
例えば、youtuberのヒカキンさんが絵を描いたら売れるかというと、
きっと売れます。
すげー売れると思います。
ヒカキンさんが絵が上手いのかどうかは知りませんが、
なんとなく下手そうな気がするので、下手だという前提で話を進めさせていただくと、
フォロワーが800万人もいれば、大した技術がなくても売れるのです。
そして、きっと買った人の満足度はすげー高いと思います。
めっちゃ嬉しいし、その絵を見て癒されたりすると思うのです。
なぜなら、
「ヒカキンさんが描いたものを買ったから」
です。

 

そう、多くの場合「何を買うか」ってことよりも「誰から買うか」ってことの方が大事なわけで、
歌であれば、歌を評価されるよりも、
「あなたが歌うから聞きたい!」って思われるようになる方が大事だということ。

 

それには、自分のファンを作る必要があって
それには、自分らしさをアウトプットする必要があると思う。
だから、
歌で食っていこうと思ったら、、
自分の魅力を出せ!
絵で食っていこうと思ったら、
自分の魅力を出せ!
ダンスで食っていこうと思ったら、
自分の魅力を出せ!

 

「自分が出来ること」のファンではなく、
「自分自身」のファンを作るのです。
「出来ること」の技術を磨くことももちろん大事だけど、多くの場合順番が逆で、
技術が上達したらお金が入ってくるんじゃなくて
お金が入ってきているから技術が上達していくものだからなw
そこ勘違いしちゃいかん。

 

「あなただから」
と、思ってくれる人がたくさんいれば、
ぶっちゃけ、何やっても大抵はうまくいきます。
だから、
自分の魅力を受け取る練習とか
自分の魅力をアウトプットする練習とかをした方がいいと思うよ。
そーゆーの教えている人ってたくさんいると思うから。
(そーゆーの教えている立場の人は時代が求めているとても素晴らしいことをしているということをしっかりと自覚しよう。)
そして、「自分自身のことを好きになってくれた人」を対象にすればいいのです。

 

技術が低いとサービスを受けたくない
資格を持っていない人にお願いしたくない
賞を取るレベルの人じゃないと依頼しない
そういう人も確かにいるんだけど、そんな奴は無視しとけばいいよw
理由は色々あるんだけど、
簡単にいうと、そーゆー人ってお客さんになりにくい人達なので、
そんな人たちに合わせたり相手にしてちゃ苦しくなっちゃうんだよね。
それよりも、あなた自身のことを好きでいてくれる人に合わせないと。
まあ、何をやるにしても、
「あんた自身の魅力を出しなはれ!」ってことです。
それができれば上手くいくし、
できないと、どれだけ技術があってもむずかしい。
「個人の時代」だからね。
専門分野の技術で勝負!はわからんけど、
自分の魅力で勝負!はいけると思う。
椎原 崇

f:id:lingmu0788:20191018115553p:plain

ヒカキンさん

 

前田祐二さんの本

f:id:lingmu0788:20191017151732p:plain

メモの魔力


前田祐二さんの本
 メモの魔力
 人生の勝算

彼は病的に なんでも考える”くせ”
がある。
それも 執拗に。
その衝動は
不安 サバイバルしなければいけない
環境のさんぶつなんだろう。

尊敬と軽蔑

長所は短所
短所は長所

前田祐二さん
 尊敬:とことんやる。自立、サバイバル。パワー。
 軽蔑:タイト。余裕がない。ついていけない。

そもそも この本には前田さんの体験が書いてあるわけで
自分も同じことができるわけがない
だって 違う人間なんだから

そこんとこ 誤解すると 劣等感しか生まれない。
確かに 彼は 優れている点が多々ある
でも それはそれ
他人の金庫箱をのぞいて お金がいっぱいあっても
自分には関係ないのと同じ理屈で
自分とは関係ない

そのことに 自覚的になろう!

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%81%AE%E9%AD%94%E5%8A%9B-Magic-Memos-NewsPicks-Book/dp/4344034082

 

部分と全体

f:id:lingmu0788:20170930125411j:plain

 

人は習性として部分に注目してみている。
しかし、画家は引いた視点で全体をぼやっと しかし確実に見ている。

部分、そして全体の中の部分。
まだ経験の浅い自分にとっとは
意識的に、”部分”、”全体”を切り替えて観る練習をしてみる。

あと、キャンバス的なことを考えると
いかにフレームに、どこをどう切り取って収めるかも考慮が必要。
でも、フレームが視界に存在するわけではないから
例えば
画家が左右の指で四角を作って、フレーム越しに対象を眺めることが必要になる。

これも練習、経験が必要。
無意識で出来るようになれば、第三の目を持てるようになるかもしれない。