分光器開発を再び思い出してみた

以前にこのブログでもPMT用の分光器開発についての雑記を書いた。


滋賀の分光器設計者の自宅兼会社へ出張したのが2005.01.14。
試作機が出来たのがおそらく2007年。そして製品化認証が2011.04。

 

こうして振り返ってみると約5年間、集中的に分光器開発、製品化に携わっていたたの分かる。2011.04には吸光ユニットのプロトⅠが完成しているから、実際はもっと短かったのだろう。

 

こうやって振り返ってみると、今自分に残っているのは”暗黙知”という部類の価値なのだと思う。

f:id:lingmu0788:20200328104307j:plain

分光器

 

 

http://lingmu0788.hatenablog.com/entry/20180101/1514796736

その次は、開発が進んでいなかたPMT用分光器の開発を前任者が退社するに伴い、これも又、お前がやれということになり、イチから分光器を勉強して、ついには本質を習得して、基本光路シミュレーションを理解して製品として完成させた。

 

http://lingmu0788.hatenablog.com/entry/2019/01/27/212536

以前、個人で光学設計会社をしている京都の会社へ出張したことがあった。計算につかっているPCはかなり旧式のNEC製のモノで、光学光線追跡シミュレーションがとても遅かった。会社で使っているZEMAXと比べるとおそらく100倍以上のスピード差があったように思う。しかし、計算している内容は大差ないので、ただ結果を得るまでの時間が大きく違うだけで、結果自体は同じになるだろう。
その時、ベテランのこのエンジニアは、計算している間に考える時間がある。描画されてくる光線をみて考えることができると話してくれた。
事と事の間にある間は無ではない。文字どうり「間」という余白なのである。条件反射的に発する言語ではなく、「間」で醸成された言語化を目指したい。

ベーシックインカムって?

ベーシックインカムが実施されて生活にこまらなくなっても、無報酬で働く人はたくさんいると思います。

↓ 以下、発展形
さらに、極端な例として生活するのにお金自体が要らない社会を考えてみるとどうでしょうか。
たとえば、普通の生活用品、電気、住居等はある水準までなら全て無料。
マーケットでの買い物、外食、学校、映画、交通機関 すべてが無料。
だから、今回のコロナ騒ぎみたいに物の買い占めは無意味。
食堂へ行っても、食べれるだけ食べてOKとなる。
そうなると必要以上にモノをため込もう、食べ物を欲張って食べよとする人自体が極端に減るだろう。

レストランのバイキング形式の食事って、ついつい余分に取りすぎてしまう。
でも、無料で好きなだけ食べられるのなら、そんなことはしないだろう。

キッザニア」という子供向け職業体験のテーマパークみたいのが話題になった。
大人版の「キッザニア」なんてどうだろうか。
仕事体験をしたいだけの無報酬の仕事。
その報酬はただ、人から「ありがとう」と感謝されるだけ。
雑な仕事をすれば信用をなくして仕事が出来なくなる。
というか、仕事を依頼する人が無くなる。

それでも、仕事をしたい人はたくさんいると想像する。

こいうなると、かつての共産主義国みたいに労働意欲が無くなって
サービスの質がおちてしまうだろうか?
25年位前に中国へ行った時は、公営の店ではぜんぜんやる気の無いのを目の当たりにしたからな。
確かに一国二制度以後の中国はサービスの質が上がった。
これは資本主義経済の競争原理が働いた結果だろう。

人類は進歩を止められない。
たとえ、食うことに困らなくなっても、なにか作っては壊し、作っては壊しするのだろうな。

今日のダーリン-2020.03.15 記録

 

 

 

糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの

03月15日の「今日のダーリン」

・不自由は安心感。自由は不安。
 昔むかしの時代から、人は空を見上げてさ、
 「鳥はいいなぁ、自由に空を飛べて」と憧れてきた。
 それは、いまを生きてるぼくだって思うことだ。
 ドローンというものが世に現れて、
 空を飛ぶって、ずいぶん簡単なものなのねと思った。
 あれで、荷物を運ぼうとしているのだから、
 人を乗せて飛ぶことだって、すぐにもできそうだ。
 ドローンか、そんなふうな乗り物で、
 自由に空を飛べるようになったとしても、
 それはなかなか社会では認められにくいだろうと思う。
 これはぼくの想像なのだけれど、
 空を飛ぶというのは、他のことに比べて、
 おそらく、自由過ぎるのである。
 汽車も電車も、鉄道という線路を走る。
 その線路の上しか走らないという不自由を前提に、
 「どこへでも行ける」とか言っちゃってるわけだ。
 「ぼくらは線路も要らないもんね」という自動車だって、
 他人の家のなかを突っ切るわけにはいかない。
 なんやかんや言うたかて、道路を走ってるわけやないか。
 これまで、自由そうに見えていた陸上の乗り物に比べて、
 空を飛ぶドローンには、まったく道がない。
 高さも低さも、方向も、速度も、知ったこっちゃない。
 だからこそ、不安で怖いのだろうと思う。
 すべて自由である空を飛ぶという行為には、
 無数に近いくらいの「規則や規制」を背負わせないと、
 あっちでガチャン、こっちでドスン、おまけにボカン、
 みたいなことになってしまいそうだと考えるのだろう。
 「まったく自由」みたいなものには、
 人間は、たぶんとても弱いのだ。
 だから、線路といわず、道路といわず、
 制約するものに従って、安心をキープしていたいのだ。
 いまこの時期の、人びとのこころには、
 「自由は苦しい、制約を決めてくれ」という願いが、
 そこはかとなく漂っているような気がする。
今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
でも、鳥は空に道路がないことを、怖いと感じてないよな。
 
 

自由とは?

今日の気づき

今日、A装置で測定をしていた。
製品を置くところがないので、いつものA装置の上に製品を置いて測定している。
確かに、A装置の上には「物を置かない」と書かれている。
でも根拠があるのかは、なはだ疑問に前から思っていた。
だから、いつも無視してA装置の上に製品を置いて測定していた。

決められたことに、何も考えずに従っていればOKという風潮に
ますますなってきている。
危うい、本当に危うい! と感じた。

見回り隊の人(風紀委員みたいな人)からの注意だろう。
それを受けて上司が注意したのだろう。
上司に、「根拠は?」と尋ねたら貧弱な回答があった。
私は上司よりも10倍はこの装置について熟知している。
なので、その根拠は間違っているとハッキリわかる。

ルールさえ守っていれば安泰。
ルールさえ周りの人と同じように守っていれば
理由など無関係に良しとされる会社は
とても危うい。

でも、今 社会もそうなっている。
例えば生命の危機に遭遇した時、そう決まっているからという理由で危険な方を選択したら
どうなるのだろうか?
だれも責任はとってくれないし とれるわけもない。
神様じゃないんだから!

会社という「村」では、理由に関係なくルールを守る人が「善」で守らない人が「悪」と決まっている。

昨今の企業の不祥事も、会社の現場の人は分かっていてやっているか、問題という事すら
気づかずにやっているのだろう。

真実の「正義」は無いとしても、最低限のモラルは自然にもっておきたいものだ。
しかし、ある社会における「普通こうでしょう!」ということが=モラルになった社会
では境界線が消えてしまって見えない。

よくデッサンをしているときに、あるがままに対象を観て、自分の直感に従うように言われる。
デッサンが間違ているか合っているかは、直感は既に知っているということだ。
でも、もろもろの雑念がそれを歪めてしまうので、あるがままに観ることができない。

いろいろな意味で、あるがままに観るための訓練を積んでいく必要があると痛感した。

 

 

 

●new2_日々のヒント-191017b2020年03月16日 11時17分 より
・面白そうな人達のSNSをウオッチしていりと、とても興味深い面白いタメニなりそうな情報が多く発見できる。

でも、それに満足して 振り回されていないか?
デッサンの時 ちょっと引いて眺めるような習慣を取り入れないと 危うい!

こうして 立ち止まって 換考する合間を作ることが大切。

 

「見る前に跳べ」 W.H.オーデン。いいね!-200223

過去の日記から、「跳べ」で検索したらヒットした。

何故、Swallow Blueを描いたのか、ちょっと分かったような気がした。

 

●日々のヒント-170612

・2017年07月07日11時47分

うーむ。

「見る前に跳べ」 W.H.オーデン

自分で自分の人生はデザインできる。全ての人が幸せにあれるユートピアがこの世界。

但し、なれるけで、なっていないのが現在の世界。

 

この世界は、自分とは関係ない、もしくはあっても、自分の世界への影響力は限定的で、殆ど

無視できる位の影響力しかない。 というのが常識であり、今までの人生の教訓。

赤ちゃんの時の自分とは明らかに違う。異なる。

 

自分が変われば、自分が考えれば、自分が行動すれば、無限に世界は変化可能だというのが真実。

他人、周りの環境は関係ない。

全てが、自分「lingmu0788」発で動いている世界だから。

他人、環境はパラレルワールドとして、自分のこの世界とは交わらずに多重的に独立して成立している。

 

∴ ゼロサムではなく、この世は、全ての人が最高に幸せになる可能性に満ちている。

 

要は、それを私が受け取るか受け取らないかだけである。

 

お金は分かりやすいしちょーう便利だけど、真実をくもらせてしまうことが多い。

人の悩みの殆どは金と人間関係であると言われている。

 

ARTLEAF2018 Swallow Blueより

f:id:lingmu0788:20200223055137j:plain

Swallow Blue
 

「ファインアート」-191208

「ファインアート」-191208

 

ちょと前に、「私はアーティストになる」と決めました。そう決める前のアートとう言葉に対するイメージは、今にして思い返すと、所謂「ファインアート」だったのだと思います。
そもそも、「ファインアート」という言葉自体も、デッサンを勉強するようになって初めて耳にするようになった単語でした。

最近、テレビのスイッチインタビューでヨシタケシンスケさんと梅佳代さんが対談している番組をみました。ヨシタケシンスケさんの作品は、娘が借りてきた絵本をみてしりました。梅佳代さんは以前から面白い写真だなーと、好きで写真集をみたいました。

ヨシタケシンスケさんは対人間関係が苦手な人で、一人で面白いと感じたことを、こしょこしょと小さなイラストと文章で記録したストックを集めて本にしたとう作品制作スタイルのようです。

美術系の大学に行って、あまりに質圧が弱く、デッサンという対象を正確に写しとるという作業がとても苦手だと気づき、逆にできる制作方法としてペンでモノを見ないで描くスタイルをみつけたらしいです。

ファインアートととはとても離れた、ニッチな制作スタイルで自分の思う面白さを表現しているのがとても良いと思った。

これでも、いいんだ!

アート=ファインアートとう思い込みが少し解けて自由になった気がします。

f:id:lingmu0788:20191208212638p:plain

ヨシタケシンスケさん

 

「年金2000万円不足問題」2-101201

「年金2000万円不足問題」2-101201

 

この、「年金2000万円不足問題」が話題になっていたのは知っていたが、その発端となった国会答弁はまったく見たいなかった。
これが、共産党が質問した一例:
https://www.youtube.com/watch?v=pp3hsB1-Fo4

今、あらためてちゃんと見てみると、
「日本は老後、年金だけでは生活できないような国なんですか?」とう質問だが、そんなの当たり前の事実である。人により経済状況は様々で、一概にいえないが、平均的なサラリーマン世帯で一度でも資金を試算したことがある人で、老後年金だけで生活できると考えている人は少ないはずだ。
事実、自分も試算してみて、年金だけでは最低限生きていくだけくらいしかないと実感した。

そもそも、この年金制度は高度成長期に策定されて、その後人口比率の変化、物価上昇とうの大幅な変化はみこまれていなかった。そこで、段階的に年金制度が見直されて現在の形になている。

冷静に考えて、老後公的年金だけで十分生活できる国は、社会保障制度の充実している北欧くらいだろう。しかし、北欧ではそのために非常に高い税金を負担することを国民が合意している。

今回の国会答弁では、負担は増やさずに保証だけ十分にするという、まさに夢物語を政府に要求している内容だ。

親方日の丸。お上に任しておかば大丈夫。国がなんとかしてくれる。

今回の問題の発端となった金融庁の「高齢社会における資産形成・管理」の報告書は、国民に正直に現状を説明して、そのための対応を準備して下さいよという良いきっかけになり得たはずだ。

ファイナンシャルリテラシーこそ、学校で教えるべき教養だと強く感じた。