離見の見

・FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

https://goo.gl/nz9oLc

https://amzn.to/2RdaWhb

ファクトフルネスの冒頭の質問全て不正解だった。

しかし、これが私の現実の情報の不確かさだったわけだ。

東村さんの記事は、今読んでいる「ファクトフルネス」の、違った分野の応用として興味深かった。

本屋は好きなので週一で見て回る。するとレジの近くに山と積まれた漫画雑誌がある。もともと週刊漫画を読む習慣はなかったけれど、店頭にあるので、沢山の人が買って読んでいると思っていた。しかし、若年層は殆ど読んでいないみたいだ。

これも、大きな思い違いだ。

今では、ネットでしらべてばある程度正しいファクトはつかめるはずだが、わざわざ自分で調べることはしない。

恐らく、自分の判断の基準になっている情報は30年くらい前のもので、それ以後アップデートされれていない。

途中で変化を示す情報に接しても、実際には変えようとしない。

人それぞれの思い込みから逃れるのはとても難しいということだ。

デッサンをしていると如実にそう感じる。

脳は対象にたいして、勝手に過去の記憶からイメージを作り出してしまう。それがとても強烈だ。

 


難しいけれど、それを試みる方法として、瞑想的アプローチが有効かもしれない。

デッサン中にやる具体的な方法としては、頻繁に離れて見ること。

それでも、やっているうちに何が正しいのかだんだん分からなくなってくる。

先生からは鏡で写した対象をみると客観的に見れると教えてもらった。

離見の見(世阿弥

以下、きっかけになった記事↓

・紙からスマホへ。東村アキコさんが「縦読みマンガ」の無料連載を始めた理由

https://www.huffingtonpost.jp/2019/02/06/akiko-higashimura-webtoon_a_23662662/

https://www.asahi.com/articles/ASL6W55PBL6WPTFC01F.html

「何カ月か前に、すごく個人的に衝撃を受けたことがあって、講演に行った福岡の中学校で『いつも読んでる雑誌がある人?』と質問したら、そのクラスで手を挙げたのは3人だけでした。『ジャンプ』が2人、親が買ってくる『まんがくらぶオリジナル』を読んでる子が1人。はやっているマンガは単行本やスマホで読んでるみたいだけど、雑誌って読まれなくなったなと思いました。私、韓国のマンガサイトで連載を始めたんですが、そこで読める韓国の人気作品『外見至上主義』の話をしたら『あー、知ってる!』って手を挙げたんですよ10人くらい! こっちの話の方が反応がよかった。衝撃でした」

「考える」

今まで経験してきたことが、あるキッカケで繋がって、新しい発想が立ち上ってくる時がある。でもそれはとてもおぼろげで、注意しないと一瞬で立ち消えてしまう。

そうしない為の対策の一つ。

・書き出す

マインドマップにする

・寝かす。時々見返して、アイデアを追加して、また寝かせておく。

 

トリガー: 

Planetsの以下の記事が気に入った。

そもそも加藤さんにとって「考える」とは何なのでしょう?

加藤 難しい質問ですね(笑)。

 

うーん。昔からずっと思っているのは、言葉を頭の中で動かし、新しい概念を創り出すことが大切だということ。

 

インフルエンサーをはじめ他の人の言葉を浴びる機会が多いいま、そうした言葉をそのまま話しても、誰の心にも響きません。インプットした情報を咀嚼したうえで、自分の言葉に落とし込まないと、人を動かすことはできないんです。

https://sp.ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar1728124

f:id:lingmu0788:20190216091000j:plain

 

〇〇適齢期

一般的な意味の〇〇適齢期の話ではない。

人生の長いスパンで俯瞰した場合、「ああ、今、来てるなー」っていう感覚が来る時がある。

今がその時である。

知識、経験を蓄積してきた今、一番大事なのは、新しい経験をすること。

デッサン

ギター

ヨガ、瞑想

共通するのは、自分の身体を使ってする事。

身体を使って実際に行動することで、新しい発見、気づきがある。

思ってから行動するまでのタイムラグを出来るだけ小さくする。そして、PDCAを高速で回していく。その結果から得られる成果よりも、その過程を単純に楽しむ。

このフェーズに今、ある。って感じ。

年を重ねることは、何かを手放すこと-190210

年を重ねることは、何かを手放すこと-190210
2/8会社帰りにフィットのヘッドライト、ロアアームブーツ交換:¥16200
2/9 海谷眼科で白内障の定期点検(前回約一年前実施)で、左目の右上?の眼底に穴?が発見された。でも、不思議に動揺が全く無かった。ああそうなんだって感じ。11:00には終わるはずが、結局即日手術実施で14:30頃終了となった。費用¥34000。
2日で車と体のリペアに¥50000の出費。
出費、病気はとても残念なことだけれど、又同時にこれって、とてつもなく「ついている」と思った。天の采配だと思った。しばらく酒を止めようと思った。

車は9年半で走行距離も10万キロくらい。自分は57年4ヶ月。
年を重ねていくと、今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなってくる。その時、とてもショックを受ける。でも、いままでとても恵まれた環境にいたことに気がついて感謝もわいて来る。

 

樹木希林さんは61才の時に朝起きたら突然網膜剥離で失明した。でも治療はせず失明のままで通した。
樹木さんいわく
「手術をした所で、100%治ることはない」
「これまで色々なものが見えすぎていた」
「これも人生。元々形あるものしか見てなかったけど、これで裏っかわにあるものを見ていくチャンスかな」
と達観したコメントを残されています。

 

毎日新聞:日曜うくらぶ:20190210付記事

f:id:lingmu0788:20190210082454p:plain

 

「光抱く友よ」高樹のぶ子

昔か~し、「光抱く友よ高樹のぶ子著を読んだことを思い出した。

今でも、自分で確かめるまでは、ものごとを鵜呑みにするな! というメッセージが印象に残っている。

やっぱり、若いときの読書の方が心に刺さるんだな。

全共闘世代の人達の作品は、なんとも言えない雰囲気が自分にとってはメタな高尚な一種の憧れを抱かせる。

 

高樹さんの書棚にあった本:

カラー図説 日本大歳時記 座右版 大型本 – 1983/11

借りてみたら、結構大きい本だった。やはり日本は四季を日々感じながら生活してきた民族なんだなと思った。

f:id:lingmu0788:20190203075504p:plain

毎日新聞:日曜くらぶ

 

5G時代の副業、在宅、ノマドでの仕事の可能性-20190202

5Gが普及すれば、スマホに替わる端末があらわれるだろう。例えばグーグル・グラスみたいな。
結論:
「従来の会社という狭いフィールドから離れて、ノマドなバーチャルな、仕事と遊びの境界線を越えて、多種多様なフィールドに同時並行して行き来する仕事のスタイルを実験すべきだろう。」
 
今は、出張して移動して面談している。確かにメール、CMSを通じてのコミュニケーションだと真意が伝わらなくて、まだるっこしい事が多々ある。でも、バーチャル空間で仮想的に身体を移動できれば、わざわざ移動して打ち合わせする必要はない。
日本の生産性はG7中最低らしい。
機械化して省力化すると仕事量が増えて原価が下がって、会社の利益が上がるだけのシステムでは今後国際競争力は更に低下の一途をたどるだろう。
 
今までのスタイルは、会社で長時間勤務して生産性は一向に上がらない。省力化しても結局自分が苦しくなるだけだから、モチベーション上がるわけがない。タクトタイムを極限まで減らせば、もはや人間は機械の一部の安価なアクチュエーターに成り下がってしまう。結局、AIで代替えされてリストラされるのが落ちである。
 
生産性を上げた後の空き時間に何をするか? それが問題である。空き時間にまた同様の仕事を詰め込むのは愚の骨頂である。Google20%ルールのような仕組みが必要だ。最近ではGoogle大企業病の影がさしているらしいが???
 
従来の会社という狭いフィールドから離れて、ノマドなバーチャルな、仕事と遊びの境界線を越えて、多種多様なフィールドに同時並行して行き来する仕事のスタイルを実験すべきだろう。
空き時間の活用とGAFAの様な成長する個人になる秘訣は出口治明さんの考えがとても参考になる。
出口治明さんの言葉はとっても刺さるな!
「兼業ということは、人・本・旅で勉強すること」
わが国では「大学院卒で勉強した人間は使いにくい」とかアホなことを言って採用しないので、日本は社会全体が低学歴なんですよね。だから、ユニコーンGAFAが生まれないんですよ。だから社会全体が勉強しないと。早く会社を出て、人・本・旅で勉強しない限り、新しい産業は生まれない構造になってしまっている。
政府が兼業を認めようとしているのも、兼業って何かと言えば、人・本・旅で勉強することですよね。違う人に会い、違う本を読み、違うオフィスで働くわけですかね。そうですよね。だからみんなでもう1度勉強しない限り、日本経済の陽はまた昇らないんですよ。
 
「いい仕事」とは、新しい価値を生み出す仕事。
誰にでもできるその方法とは?
 
「いい仕事」とは何だと思いますか?出口さんの考える「いい仕事」とは、今まで誰も思いつかなかった新しい価値を生み出せる仕事、つまりイノベーティブな仕事だといいます。さらに、イノベーションはあることを身につければ誰にでも起こせると言うのです。
 
「自分はアホだからイノベーションなんて起こせない、という人がいますが、それは違います。イノベーションというのは、アインシュタインによる相対性理論の発見のような、大それたものだけを指しているのではありません。
 
とあるラーメン屋の話を例に出しましょう。
店主はラーメン屋をオープンする前、東京の有名ラーメン店の食べ歩きをしたそうです。そのとき、店内に男性客しかいないことに気づき、女性ひとりでも行ける店を作れば売り上げが2倍になると考えました。そこで、彼は多くの女性がラーメン屋に対して抱いている『汚い』『タバコ臭い』『スープが服に散る』という不満を解消すべく、女性が入りやすいお洒落な店舗を作り、店内は全席禁煙にし、お客さん全員に紙エプロンを配ることにしました。さらに、ニンジンのピューレとムール貝で味付けした、真っ赤なスープの女性向けヘルシーラーメン・ベジソバを考案し、オープンから4年で3店舗まで店の規模を拡大させたのです。
 
ラーメン、ニンジン、ムール貝、それ自体は誰もが知っているものです。しかし、それらの素材を組み合わせることで『今までにない女性向け野菜ラーメン』という新しいものを創りだしました。なぜそのような発想が生まれたかといえば、店主がもともと食べ歩きが趣味で、美味しい食材や料理をたくさん知っていたらからです。ムール貝を食べたことのない人に、ムール貝とニンジンを組み合わせた料理を考えることはできません。
 
つまりイノベーションとは、蓄積した知識を独自の発想で組み合わせ、新しい価値を生み出すことなのです。
 
そのためにはまず、知識を増やさなければなりません。知識を増やすことは、考えたり行動するときの選択肢を広げるということ。選択肢を広げれば、自分の頭で考えられるようになります。知識を増やし、自分の頭で物事を考えられるようになれば、先ほどのラーメン屋のようなイノベーションを起こせるようになるのです」(出口さん)
 
イノベーションを起こすには、「知識」を積み、「自分の頭で考える」ことが大切であると話す出口さん。さらに、知識は「人から学び」「本から学び」「旅から学ぶ」ことで得られると言います。
 
「人・本・旅、これらが知識につながります。新しい学びを得られるような面白い人に出会うには、とにかくたくさんの人に会いに行くしかない。どうやったら良い人に巡り会えるのかと質問をされることがありますが。すごく面白い講演会だからと薦められて行ってみたら、興味が持てず居眠りしてしまったり、人数合わせでしぶしぶ参加した合コンで彼女ができたなど、そのようなことはたくさんあるでしょう。ですから、人から学ぶ機会があったら、まずは『YES』の姿勢で会いに行ってみてください。
 
本からの学びについては、特に古典を読むことを薦めています。何百年もの時を経て現在の市場に残っている古典は、無条件に優れていると考えているからです。古典を読むことで著者の思考のプロセスを追い、自分の思考力を鍛える。最初は難しくて読むのがしんどいかもしれませんが、考える力が身につきます。また、旅を重要視するのは、何事も“百聞は一見に如かず”だからです。生きた情報というのは、五感を通して伝わってきます。ピラミッドの大きさを本で知ることはできても、その場の熱気や砂の熱さを感じることはできません。旅に出て、自ら体験することで初めてわかることがたくさんあるのです。
 
そうやって人・本・旅を通してインプットしたことを、友達に話したりSNSで発信したりしてアウトプットまですることが大切です。人に伝えるために情報を整理し、言語化することで知識が定着しやすくなります」(出口さん)

他人の正解。自分の正解。

他人の正解。自分の正解。-190127
成功者がいる。有名人がいる。親が、先生が、先輩が色んな事をいってくる。アドバイスをくれる。「あなたの為を思って」と。
しかし、それはその人にとっての正解。私の正解ではない。他人の言うことをそのままやっても、その人と同じ結果には絶対にならない。自他彼此を混同している。
アドバイスを聞いたた、「あなたはそう考えるのね」だけでいい。それ以上でのそれ以下でもない。
正解は自分で見つけるものなのですから。