ムーミン谷の仲間たち

ムーミン谷の仲間たち

Sayakaに短編集なので読みやすいと薦められた。

ムーミン谷の仲間たち (新装版) (講談社青い鳥文庫)
著者 : トーベ・ヤンソン
https://booklog.jp/item/1/4062853906

ちょうどいま、読んでいるトーベ評伝の決定版本
の影響もあるのだと思うが
文章が濃密で読むスピードが必然的に遅くなる。
Sayakaにいわせると、きにならない
すいすい読めるらしい。

トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン
著者 : ボエル・ウェスティン
制作 : 畑中 麻紀 森下 圭子
講談社 (2014年11月27日発売)
https://booklog.jp/item/1/4062192586


ムーミンの文章は内面描写がこまやかで
比喩が巧みでユニークである。
凡人がなんとなく感じている感覚を
言葉で的確に表現しているから
世界中の人たちに共感されて
多くのファンがいるのだろう。

アニメの高畑監督は、そういた人間の表現を
アニメに再現させた先駆者だと思う。
アルプスの少女ハイジなどの作品は素晴らしい。
赤毛のアンも。

日本のアニメ「ムーミン」も大い好きだ。
でも、原作のあまりにも濃密な世界観を
アニメで表現するのは
とても難しいことだったのだろう。

アニメ「ムーミン」の声優、音楽、音楽、主題歌
どれをとっても とっっても 好きだな~!

今、原作を読む機会を得て
さらに多様なムーミンの世界に出会えるなんて
なんてラッキーなんだろう。

速く読めなくても
ゆっくり ゆっくり
するめを噛むように 味わいながら
じっくり あじわおうっと!

トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン

トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン」 単行本  2014/11/27
ボエル・ウェスティン (著), 畑中 麻紀 (翻訳), 森下 圭子 (翻訳)
https://amzn.to/2kBP14f

芸術家の作品と人生、精神は密接に関連しているはずだ。
ただ、なかなかその関係性について外部から考察するのは難しい。
トーベの場合、彼女自身の膨大な記録、書簡があるため、この本において
かなり真実に肉薄できているような気がする。
そういう意味でとても貴重で興味深い一冊だ。
発刊が2014年と新しい。
原書が刊行されたのは、トーベ・ヤンソンが亡くなってから約6年経った2007年のこと。
トーベは2001年に亡くなっているのを考慮すると比較的新しいのかもしれない。

親友、家族、恋人、そして自分自身の日記や書簡の記録。
なかなか自分自身について客観視するのは難しいはずだ。
しかし、画家としての自画像的な観察眼で見つめる習慣があるトーベ
だからこそのこれらの記録が残されていたのだろう。

日記、親しい友人、家族であっても自分の本当に思っていることを文章にするのは
難しいし、第三者へ内面を吐露するのは勇気がいることだ。

画家であり文筆家であるトーベならではの記録なのだろう。
激しく赤裸々で正直で... 。

自分のかなのムーミンは子供のころ大好きだったアニメのムーミンだ。
トーベ自身もこのアニメについて痛烈に批判し、「これは私のかいたムーミンではない」
的な発言をしたと聞いている。

なので、最近原作のムーミンを娘に薦められて読み始めてみると
やはりかなり違った印象だ。
ムーミンはなんども推敲をかさねて練りに練った作品で、短い文章
の中に多くの含蓄ある内容があるのだと思って読むと
なかなか読み進められない。

本来は文章とイラスト、レイアウト等の全てがトーベによってデザインされた
作品だと思うので、翻訳されて新しく編集された翻訳本では多くの要素が
削ぎ落されていることだろう。
それにしても、それでもなお、世界中のファンを魅了して止まない作品だ。


岡田斗司夫プレミアムブロマガ
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「トーベ・ヤンソンの人生が投影された原作『ムーミン』は、「公式版」とこんなに違う」
https://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive/blomaga/ar1767603

【新着記事】評伝『トーベ・ヤンソン 仕事、愛、ムーミン』の訳者の一人、森下圭子さんインタビュー
https://ameblo.jp/hokuwalk/entry-11975294919.html

森下圭子さんのインタビュー、ぜひご覧ください!
【特集】ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの作品はなぜ人々を魅了し続けるのか?その理由は彼女の人生にあった!~森下圭子さんインタビュー
http://hokuwalk.com/Spe/page/page_id/022015010800015001/cat_id/3

 

#本

 

つづけるということ。

つづけるということ。

変化の過程で、どうも居心地が悪い感じがする。
それは 当たり前なので
慣れるまでしばらく
じっと我慢する。

私は素晴らしいと共にダメな人間なんだ。
それが真実。

それにしても
続けて何か書いていると
書くことが普通になってくる。

内容のクオリティーはともかく
書くことが自然になってきた。

毎日スケッチ
モーニングページ

この二つも、
つづけていたら
なんとかつづいてきた。

そして、あるレベルを超えると
やらなくても気にならなくなるし
再開しても
違和感がなくなる。

いつ止めて、いつ再開しても
ノープロブレム

これって
習慣化したということかもしれない。

Kindle for PC の読み上げ機能が使えない理由

Kindle for PC の読み上げ機能が使えない理由
この理由は、Kindle for PC では 2019 年 6 月現在、日本語の書籍が読み上げ機能に対応していないためです。

残念だな!

www.lancork.net

 

チャットツール色々

・LINE WORKS

https://line.worksmobile.com/jp/

 

LINE WORKS(ラインワークス)の使い方は?基本機能から応用まで、フル活用するための全知識!

https://imitsu.jp/matome/business-chat/3144540974569027

【最新】LINE WORKS(ラインワークス)の使い方12選

https://businesschatmaster.com/lineworks/lineworks-stukaikata10



ChatWork

https://go.chatwork.com/ja/

 

Chatwork(チャットワーク)とは?基本的な機能・プラン・使い方を解説

https://ferret-plus.com/2463



「Slack」完全日本語化 サポートも日本語で対応

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/17/news036.html




チャットワーク(Chatwork)とSlackどちらを採用すべき?2大チャットツールを徹底比較!

https://boxil.jp/mag/a110/

チャットワークは、日本人起業家としてマーケティングに強いCEOと、技術に明るいCTOの兄弟によって開発されたクラウドサービスで、テクノロジーに精通していない人でも使えるようにと配慮された設計となっています。

 

LINE WORKSとチャットワークを徹底比較!無料版をビジネスで使うならどっち?

https://businesschatmaster.com/lineworks/lineworks-chatwork-difference

 

ほぼ日 5年手帳

どうもfbのアップ頻度が高すぎて、
手書きの日記帳「ほぼ日 5年手帳」がサッパリ
書けない。
白い空白が多いと、なんだかサボった感があって
ちょっと罪悪感をもってしまう。

MOLESKINノート 白地プレーン:ラージ
モーニングノート
もさっぱり書いていない。

たぶん、アウトプットが多くて満足してるからだろう
この日々のヒント-170612 にしても、
ほぼ毎日、多い時は一日に2~3記事書いている。

暇がある。暇をつくる。
              

赤ちゃんのおっぱいと同じで、
十分のめれば、満足して寝る
のと似ている。

fbは友達に向けて発信しているという意識は薄い。
ただ、自分が自分に向けて or 空間、外へ向けて
頭の中に浮かんだとりとめのない妄想、思考、感想、思いつき
ライフログ的に
特に推敲もせずに
半熟たまごみたいに
未完成でも
どんどんアップしちゃってる。

実験思考の実践だ。

アフロ田中

WOWOWの漫画を原作にしたドラマ。
とても面白い。
https://www.wowow.co.jp/drama/afrotanaka/

「男子はすべからく、彼女がすごく欲しい」という前提で描かれている。
結婚は良いことだ。結婚しなのはへんだ。
結婚すれば必ず子供が欲しいはずだ。
というように。

昭和世代の自分にはとてもしっくりくるテーゼである。
しかし、平成以降の世代では必ずしもそうではないような気がする。

自分にしても、異性と付き合うのは苦手な方だ。
なにがなんでも彼女が欲しいと思わなかったし、
いろんな障害を乗り越えて彼女を作ろうとするモチベーションも弱かった。

でも、これは世間一般的には、「普通じゃない」ということになる。
なんとなく肩身が狭い、劣等感を周囲からもたらされてしまう。
もし、そいういった外部からの圧力がなかったとしても
勝手に自分の中でそう思い込んでしまっていた。

今となっては、どうしてそんなふうに思っていたのか
不思議になる。

個人の意志というより、社会的な要請、社会的動物としての人間の本能なのだろう。

「夫婦」」「家族」という概念も人間が作り上げてたものだ。

人間の身体は何万年を進化していない。変わらない。
だから、性欲、食欲などの本能に直結する部分はかわらない。

動物学者は、つがい、親子の行動は愛情にもとづいていないと言う。
たんなる本能、条件反射的な(パブロフの犬的な)行動としてとらえている。
人間がそれを見て「愛」だと思うのは、
人間の概念から類推してそう思うにすぎないと。
なんとも 味気ないが。


なんで、アフロ田中を観てそう感じたのだろうか?
たぶん、あまりにもピュアなカップルのデフォルメされた行動パターン
が描かれているからだろう。

そもそも、そういった違和感を生じさせるのもエンターテイメント作品の
醍醐味だろう。

アフロ田中シリーズは2002年に開始してもう17年も続いてそうだ。
いまでも読み継がれているということは、時代が変わっても
人間の根っこの部分は変わらないという証拠だろう。